今日は、こんな事を言いたくないのだけど、先日かなりショックな事がありましたので、書いてしまえ!

 

アスペルガー症候群やADHDの方など、私だけでなくこのように嫌な思いをして生きてきたと思います。

 

なので、今日はストレスを溜めない様に、悪魔になって書きたいと思います。悪魔を見たくない方は、スルーしてください(笑)

 

「アスペルガー星から来たお嬢さん」では、Twittwr(ツイッター)も参加させてもらっているので、そこではその日のうちに吐き出させて頂いたことです。

 

アスペルガーをはじめ、発達障害を持って生まれた来た人は、普通に見せようと努力をしている事をご存知ですか?

 

普通に見せようと努力をしているのです。

 

失敗がない様、発達障害だからアスペルガーだからと思われない様に必死なんです。 

 

なぜなら、何かあるごとに、アスペルガーだから仕方ないよねという言葉を聞いてしまうからです。

 

見た目は定型発達と同じなので、おかしな行動をした時に目立ってしまう事を、恐れて生きている発達障害者が多いと思います。(学校でも、会社でも、恋人にも、友達、家族にも)

 

 

 

 

先日、旧友とお茶をしている時に、簡単なアスペルガーのテストを受けたら、やはり数値が高いので、知能テストを受ける事になったんだと報告しました。

 

彼女は、お嬢さん(娘)がアスペルガーとADHDという検査結果が出た時から知っている人で、私学の有名な学校の教員の奥様です。

 

なので、私も理解してくれていると思っていたので話をしてしまったのが、大間違いでした。

 

話を聞いた彼女の口から出た言葉がですね、、、。

 

◯子さん(私)は、アスペルガーじゃやいわよ!

 

ボーっとしていないし、馬鹿じゃないし!他の人より色々な事をしているじゃない!

 

とにかく馬鹿じゃないんだから、誰だって調べれば全員がアスペルガーよ。

 

調べなきゃ良いのよ!何を思って調べようとしてるの?そんな事やめなさいよ!

 

アスペルガーになっちゃうわよ!

 

 

私は、彼女の言葉を聞いて呆然としました。ものすごい勢いで、目がつり上がって言ったのです。

 

アスペルガーじゃやいわよ!と言われた事にイラッ!としたんです。

 

アスペルガーになりたい?はー?

 

この人、娘の事もその様に見ていたの?

 

馬鹿だと思っていたの?はー?!

 

かわいそうなくらい無知すぎる!

 

教員の奥様が、これか…

 

まだまだ理解されない障害なんだなと分かり、いらだちの後に悲しみが襲ってきました。

 

クソだなクソ!バーロー!馬鹿やろう

(口が悪くてごめんなさい、はい悪魔です)

 

 

発達障害は確かに10年前より世の中に知られるようになってきました。

 

NHKでもたびたび放送されたり、芸能人がカミングアウトしたり、沢山の本も出ています。なんとなく聞いたことがあるという、定型発達者の方が増えてきているのは確かだとは思います。

 

しかしだね、それで理解している人はいないのかもしれないと、今回の発言で思った瞬間です。(彼女もNHKでやっているし、アスペルガーも多くの人に知られてきてるね、と常日頃から言っていましたので。)

 

 

 

昔、お嬢さんの小学生のときの担任が、特別支援の担当だったのでアスペルガーのことに詳しいからという理由で、娘の担任になりました。

 

しかし、フォローをしてくれるどころか、虐待に近い感じの行動をしていたので、なにも理解していない担任にアスペルガーの本を渡した事があります。

 

まあ、本を読んだ後にその担任は謝ってきましたが、子供の成長する大切な時期に、教師が理解してないということに腹立ちました。まったく日本はどうなっているのか、、、。

 

障害に関しては、先進国ではないな、発展途上国だなと感じずにはいられません。

 

 

私が今回アスペルガーとADHDの検査を本格的にする理由は、検査を受けて自分の凸凹を知り、注意しながら生きていきたいだけなのです。(生きづらさを自分の力で緩和させたいだけ)

 

決して発達障害のせいにして生きていこうとしているのではありません。

 

1度で終わらなかった大人の発達障害検査はこちらからです☆

 

定型発達者に、身体の不調や脳の偏りを分かって貰うのは無理だと思います。他の人の苦しみは当事者にしか分からないものです。(私もそうです)

 

ただ、理解して欲しいですね。

 

発達障害と定型発達者という言葉がありますよね。普通の人から、私たち発達障害で生まれてきてしまった人たちに対して、「そちらから言うと、定型発達者?というの?」とか言われたくないです。その言葉を吐き出した時点で、馬鹿にしているような差別の目を感じます。

 

言葉があるということは、やはり発達障害と定型発達者の線を引くべきところがあるからだと思います。

 

 

 

お嬢さんのアスペルガーが分かった頃、ある勉強会でこの子が20歳になる頃には、「アスペルガーの障害者手帳が発行されることでしょう。」と言われていましたが、まだ精神障害という枠の中の障害者手帳です。

 

脳の作りが違うだけなので、精神障害はおかしいのではないのかな?と感じるのは、私だけでしょうか?

 

我が家のお嬢さんは、「私は精神障害ではなくてアスペルガーだから、障害者手帳はいらない。差別されたくない。」と言っているので、障害者手帳は持っていません。

 

他人をイライラさせたり、ウザイと思わせたりしてしまうのも事実ですが、それがとても辛いのです。

 

 

しかし、アメリカやヨーロッパの様に、発達障害を理解してもらえる日が、日本でも早く来てほしいと願うばかりです。

 

もしも、神様がいて何かプレゼントをくださるのなら、「普通の人になるチケットをください。自立して稼ぐので、お金や物はいりません。」とお願いをしたいです。

 

何が言いたいのか、まとまりがなくなってきそうなので、これで終わりにします。

 

 

悪魔のささやきに、最後までお付き合い下さり有難うございました^^

 

 

悪魔になるのはお止めなさい!ハイハイ!

ワンクリックしていただけると喜んでしまいます^^


アスペルガー症候群ランキング