二次障害の過去を書こうと思うだけで、辛くなるのでなかなか書けないでいました。

 

私の人生の中で1番辛い時期でした。思い出したくもありませんが、二次障害で悩んでいるアスペルガーやADHDの方が多くいらっしゃる事が分かったので、二次障害で鬱病になっても完治するんだということを伝えたいので書くことにしました。

 

 

二次障害の原因

アスペルガーの娘の育児はとても疲労があり、大変な毎日を送っていました。誕生してからミルクを飲む事を知らなかったので、長い時間眠る事をしてくれませんでした。結果、私は寝不足続きの生活を送っていました。

 

おっぱいを吸うことを知らないで産まれてきたお嬢さんはこちらからです☆

 

元夫と長男もいたので、早朝から家事にも追われていました。かなりの疲労の上、元夫は会社経営をしていたので365日のうち休みは、元旦の1日だけでした。元旦も半日自宅にいる程度で、仕事が気になるらしく会社へ出ていました。日本での仕事だけでなく、年の1/3は海外に行っていました。今のように、ラインなどもない頃でしたので連絡をとることも困難な状態でした。

 

まあ、これ以上元夫のことを書いても仕方がないのでやめますが、育児はいっさいしなかったということです。

 

もう1つは、育児を無視しているのに、元夫は女性問題が頻繁にあり、私は気がついていましたが私の口からその事に関して夫に言えなかったのです。こんな事を言うと、暴力があるので怖かったので見ないふりをしていたのです。(あ、、、まだ言ってる)

 

親友にも話をしませんでした。なぜ話をしなかったのか理由があります。

 

会社経営とある専門店の店を持っているので、「家庭のことは誰にも話してはいけない。」と元夫から言われていたのです。評判が悪くなる事を恐れていたのですね。

 

アスペ女子の私は、真面目にその事を守っていたのです。

 

今思えば、友達に話をしていれば二次障害を起こさなかったのかもしれないと思いますが、、、。

 

二次障害の症状

 

 

ある日突然、何を食べても味覚を感じる事がなくなりました。ステーキを焼いて食べると、味のないゴムを噛んで食べているようなのです。

 

味噌汁を飲んでも、ただのお湯です。これはおかしいと思い、内科、耳鼻科、歯科、脳外科と病院を転々としましたが、病名が付きません。

 

味覚がないことを友達に相談をしたら、心療内科へ行ってみてはどうかと提案してくれましたが、味覚がないのになぜ心療内科なのか納得が出来ず、自分からは行くことをしませんでした。

 

ぐずぐずしている私を見ていられなかった友達が、車で突然やって来て、「心療内科の予約を取っているから連れて行く。」と無理やり車に乗せられ、連れて行かれました。病院の受付までしてくれました。

 

あまり記憶がないのですが、問診に時間がかかり苦痛でしんどかったです。

 

問診の結果は「中期の鬱病」と出ました。疲れているのだから、暫く入院をしたほうが良いと勧められましたが、元夫は子供たちの面倒を見ることも出来ないので、入院する事も出来ず薬を服用し自宅にいることにしました。

 

自宅にいれば家事が減るわけでもなく、中期の鬱病だと分かっていても、元夫は病気を認めることは一切せず、相変わらず仕事上の取引先の方を自宅に呼ぶので、接待に追われていました。

 

薬を飲むとやたらと体が重くなり、眠気に襲われるが寝る時間がなかったので、無理に起きている状態でした。薬は恐ろしいと思いました。治るどころか、体が動けなくなっていくのですから。

 

ある日、夕食の支度をしていた時のことです。ジャガイモや人参の皮を剥く時に、ピーラーを使っても皮を剥く事が出来なくなったのです。立った状態で、1つの物を見ていることが出来なくなりました。

 

この時初めて、堪えていた涙が溢れてきました。

 

「疲れた。」と言葉が出てきました。子供たちがいるので、トイレに入り大泣きをした記憶があります。

 

 

元夫に鬱と言っても、「へー。」の一言だったので、助けて欲しいと言えなかったのです。仕事がハードな事も理解していたのでどうにもなりませんでした。

 

体調が悪化していくと、野菜の皮を剥いたり食品を切ったりする事は、台所で横になりながらしていました。なかなか剥けないので料理を作る事に時間がかかるようになっていきました。子供たちは、お腹すいたと言うし「もう少し待っていてね。」ばかり言っている自分も嫌になるばかりでした。

 

掃除機を掛ける時に、1点を見るので掃除機をかけながら倒れてしまうのです。倒れてから数十分意識を無くす時もありました。

 

ついに家事が思うように出来なくなってきたので、家事代行サービス に来てもらう事にしました。こんなに動けなくなる前に、1人で頑張らず家事代行をお願いしておけば良かったと後悔しました。

 

週に2回家事代行サービス に2時間来てもらい、料理の下ごしらえと掃除をお願いしました。外に出る事も困難な日には、買い物もお願いしました。これだけでも随分違います。ヘルパーさんにお願いをするようになってから、気持ちも楽になり家事をお願いしている時間だけは、1人でゆっくり眠る事も出来るようになって来ました。

 

体を壊した後からお願いするのではなく、産後の育児で大変な時にもお願いすればよかったと後悔しました。

 

他人を家に入れることに抵抗がありましたが、1度頼んでみると気さくで親切な方ばかりでしたので、来てくれる日は逆に安心できる日にもなっていきました。

 

今思えばとそればかり言っていますが、体の不調は辛い上、病院の診察代、大量の薬代のために莫大なお金がかかったので、それを思えば家事代行 をお願いし、快適に過ごせる生活の方がよほどお金もかからなかったと思います。

 

1人で頑張らないで、時には人の手を借りる事も必要なことを覚えました。

 

後悔ばかりしていましたが、次回はこうしたら鬱病が完治したお話です。

 

続く、、、。

 

最後までお付き合い下さり有り難うございました^^

 

ランキング参加中です!ワンクリックお願いします♪


アスペルガー症候群ランキング