こんにちは。

 

今回は、赤ちゃんの成長の過程で行うハイハイをしなかったお嬢さんの事についてお話をしたいと思います。

 

といっても、当時はあまり気にもしていませんでした。

 

私の考え方で、「人は人。比べない。」という考えが基本的にあるので、気にならなかったのだと思います。自分のお腹から産まれてきた子供でも、1度外へ出たら1人の人間ですよね?

 

なので、2歳上の長男とも比べる事をしませんでした。長男は、離乳食辺りから特に学習能力が高かったと思います。おむつも1歳過ぎ頃には取れていたからです。

 

お嬢さんの自己紹介はこちらからです☆

 

シャフリングベビーだったお嬢さん

シャフリングベビーという言葉を、最近知りました。

 

シャフリングベビーとは、ハイハイをしないで、足を突き出した状態で、お知りを利用して移動したりする赤ちゃんのことを言うそうです。

 

まさにお嬢さんは、シャフリングベビーでした。生後7ヶ月くらいで、座ったまま後ろ方向に移動をしていました。かなり速いスピードで移動していました。

 

ハイハイをしないシャフリングベビーを恥ずかしいなんて感じた事もありませんでした。少し呑気すぎる私は、その姿を見て可愛らしいなんて思っていたものです。

 

今になって、自閉症スペクトラムの本を読んでいると「あ、、、お嬢さんが自閉症スペクトラムの特徴に当てはまるわ。」と気づく事がありますが、当時は何もおかしいと感じる事がありませんでした。

 

ハイハイをしない事は異常なのか

全ての赤ちゃんに異常があるわけではありません。時々、ASD(アスペルガー症候群)などの自閉症スペクトラムや、学習障害などの場合があるようです。

気をつけておきたい1つではあります。

 

お嬢さんは、その中(ASD アスペルガー症候群)に入ってしまいましたが、悲観的に考えることもないと思います。なんて書くと、気にしているみたい、、、ですよね^^

 

悲観的に思うのではなく、定型発達の人には持たない特別な個性を伸ばして生きているという事かもしれません。

 

 

その後の成長

1歳のころにはつかまり立ちをし、1歳3ヶ月の時にひとり歩きをするように成長をしていました。

 

少しゆっくりさんかな?と思うくらいの成長過程でした。人は人なのですから。

 

余談ですが、ひとり歩きを始めた頃のお嬢さんの体重は、7kgまで増えてきました。平均体重より低いですが、お嬢さんなりに少しずつ体重が増えてきました。

 

靴のサイズは、8cmです。赤ちゃんのファーストシューズは11cmくらいだったと記憶しています。デパートへ行って探しても、8cmのシューズは見当たらなかったので、靴探しは苦労しました。

 

今もあるかどうか分かりませんが、Nikeで8cmのスニーカーが有り、ピンク色のNikeのスニーカーを購入しました。(めちゃ高いファーストシューズになってしまいましたよ 笑)

 

ゆっくり成長で良いと思います。定型発達者より2~5年くらいの遅れは、人生長いのでなんでもありません。

 

 

発達障がい児育児ランキング