発達障害であるアスペルガーやADHD(注意欠陥)が遺伝したら、お年頃の息子に迷惑をかけてしまうなと、心配でたまらなくなっていたので、昨日息子(大学4年)に話をしてみました。

 

その前に、1人こっそり心配しすぎて調べまくっていましたが、遺伝するかどうかは研究段階のようです。

 

発達障害は遺伝するか

自閉症スペクトラム、ADHDが遺伝する確立は、遺伝子が主な要因だが遺伝と環境二つの要因があるそうです。

遺伝と環境要因が複雑に組み合わさって発達障害が生まれるということです。

 

ADHDに関しては、同じ家系で出やすいが、遺伝すると言う事ではありません。血縁者だと遺伝子を持ちやすい「家族性」があるということです。

 

prevalence2

 このように見ると遺伝要因の大きさに圧倒されますが、実は今回の研究では環境要因にも注目されています。実は遺伝要因と環境要因は同じだけ影響していて、どちらかが影響するのではなく、どちらも影響しているということもわかりました。なお環境要因として、研究では以下が挙げられています。

出典:kaien

我が家の家系

 

う~ん!面白い人が目立ちます(笑)

 

先ずは母方の祖父(母の祖父)から行ってみましょう!

 

若くして他界したので、会った事はありませんが、母と叔母からの共通の話です。

 

祖父は、英語とドイツ語の学者のようでした。それは良いのですが、不気味な行動を2つしていたそうです。

 

夜布団に入って横になると毎晩、腕を上げスペルを空中に書き、辞書を暗記するとそのページを口に入れ始め、食べていたそうです(笑)

 

もう1つは趣味なのですが、いろいろなお墓の写真を撮影していたそうです。この件に関しては、叔母が不気味だったと言っています。そんな祖父でしたので、祖母は耐え切れなくなったのでしょうか?子供を4人残し、逃走して長い時間、行方不明だったそうです。

 

上の叔母は、数学の教師をしていたせいか、難問を解いていく事が快感だと言って、数学の問題をよく解いていました。(理解できないわ)

常にお喋りをしている感じです。

 

下の叔母は、数年前から「私はおかしい。絶対アスペルガーよ。」と言い始めています。アスペルガーなのか分かりませんが、社会性が無く人との関わりがほとんどとれません。親戚にすら連絡を取る事ができず、私にやらせるくらいです。ただ、いつも笑っているのが救いです。(身内の中でのみ)

 

下の叔母の娘(従妹)は、幼い頃から人と会話が出来ず、やる事がないので勉強ばかりしていました。幸い結婚はしたが、同じ人と2回結婚をしています。コミュニケーションが得意でないので、フランス語の翻訳家と雑誌のライターをし、パソコンに向かっている日々を過ごしています。

 

彼女は、幼稚園に入学する前辺りから、他人とコミュニケーションをとれなくなり、時々ふふふと笑うくらいです。

 

父親は、記録映画を製作していたので、幼い頃からあまり会う機会がなかったが、好きな事しか出来ない人だった記憶があります。その上、女性関係が酷い人でした(爆)

 

ですが、若くして他界しましたが、幼い頃からバレエをしていたようで、いつも家の中で踊っていました。料理中も踊りながら天ぷらなどを揚げていたので、ハラハラしながら見ていた記憶があります。他の家のお母さんもそんな感じなのかと思っていましたが、高校生の頃になり気が付いたのですが、他の家のお母さんはもっと落ち着きがあるのだなぁ、、、と感じました(笑)

 

家事が完ぺき主義でしたので、常に掃除をしていた印象があります。誇りが嫌いで、常に誇りを取りながら移動していました。(私とは正反対)潔癖症だったのだと思います。

常に笑顔が耐えない明るい呑気なタイプでした。

 

は、幼い頃は他動気味でお喋りでしたが、中学生頃から暗くなり、私が見ても広汎性発達障害ではないかというくらい、コミュニケーション能力が低いと思います。自分の意志を伝達する事が出来ないので、家出をしたり衝動的な行動をしていました。

 

は、幼い頃から言ってはいけないことを口に出して言うタイプで、常に母から叱られていました。いまだに治りません。彼女に飲ませる薬は無いようですが、社会性はとてもあります。

 

小学生の時に計測したIQがとても高く、学校の先生が家に来て困った感じで伝えに来ていました。そのIQの高さを使うことなく、今に至った感じです(笑)

 

父方の親戚はあまり分かりませんが、目だって不思議な人はいないような気がします。

 

公表をしてしまいましたが(なんだか恥ずかしい)、発達障害がどの程度遺伝をするのかと言う事でした!

(結局、遺伝かどうかは分からないが不思議ちゃんが多い家系です)

 

息子と遺伝の話をして

 

結婚を数年後にしたいという息子と、発達障害の遺伝についての話をしましたが、息子の方が大学で学んでいたらしく詳しかったのです。

 

息子:「遺伝要素もあると分かっているが、それだけではない様だよ。育った環境などの後からなる環境も関わっていると勉強をした。ある本にも書いてあるが、それはもっと勉強をしてから伝えるよ。余計な事を伝えると混乱しちゃうでしょ?遺伝だけなら俺も発達障害になるよ。まあ、片親だしお母さんは普通ではないし、環境もおかしいけどね。あはは!」

 

母:「彼女は、このような家系である事を理解しているの?」

 

息子:「知ってるよ。そんなに器の小さい人ではないよ。安心してよ。皆、どこかしらおかしな特徴はあるのだからね。」

 

私たちの世代より、若者の方が大学などで学び発達障害を知らない人は少ないよと言っていました。

 

あまり偏見を持っていないようなので、明るい未来がやってくるのもそう遠くではないのかなと思いました。

 

最後までお付き合い下さり有り難うございました。

 

未来は明るいぞ!ワンクリックしてもらえたら

嬉しいです^^


アスペルガー症候群ランキング