アスペルガー(ADHD)は、片付けられないと有名ですよね。

 

これ本当です!

 

物を片づけられないだけでなく、全ての物事を整理する能力がないのだと思います。

 

はい、我が家のお嬢さんは散らかす天才でございます。もう何をしてもどうにもなりません。

 

今回は、大恥をかく覚悟で投稿します。いきますよ~!

 

片づけられない気持ち

片づけられない事で1番悩んでいるのは、アスペルガー(ADHD)本人のお嬢さんだと思います。本当は、散らかっている部屋なんかに居たくないんです。

 

綺麗に片づいている部屋が好きだし、キチンと整理整頓されている棚やバッグの中への憧れすらあるのです。

 

片付けなさい。と言われても、どこからどうやって片付ける仕事をして良いのか分からず、時間ばかりが過ぎてしまい自分のことが嫌になり自身を失っていきます。

 

そうなんです、アスペルガー(ADHD)にとって自然に片付けるというより、片づけは大きな仕事なのです。

 

 

片づけられない原因

片づけられない原因は、ADHDの特性が関わっています。

 

ADHDには、「不注意」「衝動性」「多動性」の3つの特性があります。

 

・不注意は、すぐに気が散り集中力が維持できず片づけないといけないと分かっていても、なかなか行動に移せない。

 

・衝動性は、反射的に飛びつきやすく、決められた手順に従って行動が出来ない。

 

・多動性は、あれもこれもやりたくなりじっとしていられない。結果ほかの事に注意がいってしまうので、片づけられない。

 

 

片づけても維持できない

 

大恥覚悟で、お嬢さんの部屋を公開します!

 

ただ今この状態でございます。何日も掃除をしていないわけではございません。

 

ほんの数日前に、整理整頓をしてスッキリしたはずが、2日もあればこの状態に戻ってしまいます。

 

勉強机も物で溢れかえっている状態なので、ベッドの上でパソコンを開きレポートを作っている状態です。

 

こんなんで、勉強がはかどる訳がないと思いますが、さっさと大学の課題を1日に3つほどこなしています。

 

親の私からすると、勉強用の椅子は買う必要がなかったのではないかと、嫌味の1つも言いたくなります。

 

言葉に出しては言いませんよ。だって、お嬢さんの脳がADHDなのですから、苦しんでいるのはお嬢さんなのですもの。

 

何を試してもダメ

片づけなどの専門書を参考にして。収納する場所に「靴下」「Tシャツ」などと書いたシールを貼って、整理整頓を手伝いながらやっているのですが、翌日になるとタンスや引き出しから全ての洋服が出されています。

 

半日かけての作業になるので、翌日に全て出されている状態を見ると、ため息しか出ません。こんな事を、小学生の頃から10年やり続けているのです。

 

仕事、家事だけでも1日では足りないのに、お嬢さんのしつけが加わるのですから、やはり発達障害の子供を抱えているお母様方は、皆さん疲れが出ますよね?苦悩です。(愚痴る)

 

どうしてこうなる~!と叫びたくなりますTT

 

お嬢さんに、どうしてこうなってしまうのか尋ねてみました。

 

「着ていくものが見つからなかったから、出さないと分からない。」とムッツリと答えました。

 

「出して見つからなかったら、片づけてから次の場所を探せばよいでしょ!」ときつい口調で教えると、「時間がない。学校に遅刻する。」と言い訳をします。

 

小学生のころは、木のタンスに洋服をたたんで収納をしていました。木製なので中身が見えないから、不自由なのかと思い、クリアな収納ボックスで中身が見える物に全て交換をしてみましたが、効果はありませんでした。

 

もちろん、収納ボックスにもシールを貼り「靴下」など入れる名前を書いています。この先どうすれば良いのか?

 

 

やる気スイッチが入らない

定型発達の人も面倒なことを先送りにしてしまうことがあると思いますが、お嬢さんは片づけに関しては永遠にやる気スイッチが入る様子はございません。

 

もう20歳なので、毎日注意をしることすら嫌になってきますが、片付けましょうと伝えると、「分かってるってば!やりますよ!」と逆切れだけはするが、やる気スイッチはギリギリまで入りません。

 

年齢を重ねるごとに、図々しくもなってきています。

 

普通の人ならば、友達が遊びに来る時だけでも綺麗に見せたいので、重い腰を上げて片づけると思います。(私がそうです。)

 

お嬢さんも、中学生頃まではそれとなく綺麗にしていたのですが、最近では友達が泊まりに来ても部屋が汚いので、リビングで友達と寝るのです。(私のほうが落ち着かない)

 

どう思いますか?開き直っているとしか思えませんよね。

 

出来る事もある

お嬢さんが唯一几帳面になる場面があります。

 

その場所は、スーパーです。スーパーで買い物をし、エコバッグに購入した物を収納する時です。

 

「私がやる!」と必ず言います。

 

この日は、購入した物が少なめでしたが、私が収納するより3倍の量をキチンと入れる特技があります。

 

これだけは、一瞬でどこにどれを入れれば良いのか一瞬で分かると言っています。なので特技です(笑)

 

なぜこれだけは、素晴らしく猛スピードで出来るのかと考えていたら、幼い頃からパズルが得意でした。他の人と比べても、一瞬で終わっていましたので、視覚の問題でパズル感覚で出来るのかなとも思います。

 

エコバッグに入れるという1つの事に集中できるからなのかもしれません。

 

まとめ

洋服の場合、たたんで収納をすることは出来ませんが、ワンピースやコートなどハンガーに掛けないとならない物は比較的きちんとしています。

 

だからといって、全ての服をハンガーに掛ける程の収納スペースがないので問題です。これから先も、整理整頓という大きな仕事との戦いと苦悩は続きそうです。

 

私も整理整頓が実は苦手です。収納する物を何処に設置したら良いのかというセンスがありません。取り合えず物を捨てる事が手っ取り早いので捨てていますが、間違えて捨ててはいけない物まで捨ててしまう事もしょっちゅうです。(落ち着きがないもので)

 

しかし、恥じらいもございますので、お嬢さんのようになるまでには至りません。

 

整理整頓が出来ないからといって馬鹿にすることだけはしてはいけません。お嬢さんが1番悩んでいるのですから。(自分に言い聞かせる)

 

いつか彼氏でも出来たら、恥じらいも出て少しはやるようになるのかしら?期待しています♪

 

【新品】【本】「大人のADHD」のための片づけ力 司馬理英子/監修

価格:1,404円
(2018/10/7 14:36時点)
感想(0件)

少しでも参考になればと思います^^

 


アスペルガー症候群ランキング